ウェイクボード

ウェイクサーフィンとは?

ウェイクボード

ウェイクサーフィンは、ボートが走っている時にできる
引き波(ウェイキといいます。)を使って行うサーフィンです。

そもそもウェイクボードの発祥は、サーファーが波が無いときに、
サーフィンを使ってボートで引っ張って遊んだことから始まったといわれています。

なので、ウェイクボードの専用艇が作り出すパワーのある永遠に続く波を見て、
「ていうかサーフィンできんじゃない?」と思ったのは
自然な流れだったのではないのでしょうか?

ウェイクサーフィンは、ウェイクボードに比べるゆっくりとしたスピードで行います。
何よりも通常のサーフィンでは波を待ち、乗った波が続いている間しかできません。
ウェイクサーフィンならば波を待つ必要もありませんし、
あなただけのために作られた、永遠に続く波を独り占めできます。
スタートの仕方は、ウェイクボードと一緒か、 うまい人の場合、ボートのデッキからそのままスタートする人もいます。
サーフィンのボードは浮力が強いので、立ち上がるのはウェイクスケートや、 ウェイクボードに比べると簡単です。
スタートして波に移動したら、パワースポットと呼ばれる
ボードが波に押されて自然と走り出すポイントにいれば、
ボードで引っ張っているロープは放してしまって問題ありません。
あとは好きなだけウェイクサーフィンをお楽しみください。

普通のサーフィンのボードで出来るの?

 

出来ます。詳細準備中

魅力は?

自然の波と触れ合う通常のサーフィンと比べると、
やはり波のパワーは違うと思います。やはり自然にはかないません。
ただし、ウェイクサーフィンでは自然には作り出すことのできない、
永遠に続く波を作ることができます。いつもサーフィンをしている方には、
体験したことの無いロングライドを楽しんでもらえると思います。

また、サーフィンを経験したことのない方には、サーフィンで非常に苦労する テイクオフの練習をせずに波に押されてボードが滑っていくという、 今まで味わったことの無い、不思議な感覚を感じていただけると思います。
女性でも簡単に滑ることができますので、少しでも興味がわけば
挑戦してみてください。

ウェイクサーフィンの感覚に慣れてきたら、普段は挑戦できないトリックの練習や、
テイクオフ→ライディング→テイクオフを繰り返し練習することもできます。
ぜひ一度体験しにきてください。

ウェイクボード